一級建築士事務所

なかおデザイン室

ARCHITECT + ENGINEER OFFICE

DIC川村記念美術館(海老原一郎設計)で開催中の「言語と美術展」-平出隆と美術家たち- 美術はうといほうなのですが会場構成を建築家の青木淳さんが手がけたこともあり行ってきました。 平出さんの「空中の本」の考え方を表現する→続きを読む

国際文化会館で行われたJIDAWARD2018(日本インテリアデザイナー協会主催)の表彰式に出席してきました。 ちょうど協会の60周年記念とも重なったこともあり懇親会は多くのデザイン関係の方々で盛況な様子。 受賞者には名→続きを読む

昨年末に設計した「ランバートレイン」という子供たちと木育のためのプロダクトが今年3つの賞を頂きました。 大人がみると少し大きな家具のようですが、子供は中に入り込めて空間として感じられるものになっています。 これからも使う→続きを読む

ときどき仕事場に遊びにやってくる子どもたち。 下の子は、塗り絵やらレゴやらもってきて隣でがんばるのですが、今のところほぼ100%途中で眠ってしまいます。手元をのぞくと、街のようなイラストを描いていたり、レゴで部屋のような→続きを読む

現地調査で房総半島の南側へ行くことがあるのですが、そのがてらに久しぶりに鋸南町の保田小学校に立ち寄りました。 使われなくなった校舎を改修して宿泊施設や店舗、温泉まで入っていて、道の駅やパーキングエリアとして活用されていま→続きを読む

天候が心配でしたが今日は上の子が通う小学校の運動会。 前日から楽しみにしている様子に自信と成長が伺えました。 この歳になると子供たちのがんばりもさることながら、 会を裏方でささえる先生や事務の人々の動きが気になったり。 →続きを読む

今日は下の娘の運動会でした。次女だからまだまだ小さい感じがしていたのですが 真面目にとりくむ様子にこの数ヶ月のがんばりが想像されて一生懸命やってきたんだなあと感慨深いものがありました。 そして明日は上の娘の運動会です。

夏の休暇は挨拶まわりと里帰りを兼ねて、九州から中国、関西と大移動をしてきました。 いろいろと西日本は大変な状況におかれていますが、久しぶりに再会できた皆さんが元気に過ごしているがうれしく、海と山のある景色に身を置いて、た→続きを読む

建築する場所は時間を見つけてできるだけたくさん立ち寄っています。 季節や時間によってもその場所のちょっとした様子のちがいを感じとることができるからです。 この日もプランを片手に敷地をクルクルまわっている間に西日の強さや人→続きを読む

ときどき立ち寄っている佐倉の歴博(設計:芦原義信建築設計研究所)。企画展に加えて常設展も何度行っても新発見があり楽しめます。今回は隣接地にある「くらしの植物苑」にも立ち寄りました。「染める」「食べる」「治す」「道具をつく→続きを読む